Skip to content

タグ: 天皇杯

ガンバ大阪の発足史

ガンバ大阪の「ガンバ」とはイタリア語「脚」の意味です、日本語の「頑張る」と似ってるアクセスで名前として用いられました。

クラブ前身は松下電器産業(現:パナソニック)サッカー部です。1991年10月1日から運営会社を離れて、Jリーグに加盟しました。Jリーグ成り立つから参加しているチームの一つであります。

Jリーグ開幕の時期は厳しくて、名古屋グランパス、浦和レッズとともに揶揄われましたが、2000年から、ユース上がりの選手達を加えて、低迷な状況をだんだん変わってきます。2005年、リーグ戦を制覇することを誓って、その後、2007年のナビスコ杯優勝、2008年の天皇杯優勝とACL優勝の二冠を加えて、2014年には国内タイトル三冠(リーグ戦、ナビスコ杯、天皇杯全てを優勝)を取ったことで、、Jリーグ屈指のチームとなっています。

Jリーグ理事会で承認された上、2012年は吹田市に加え、茨木市、高槻市、豊中市を、2015年には池田市、摂津市、箕面市をホームタウンに加えました。大阪市をホームタウンとしているセレッソ大阪に対し、ガンバ大阪は北摂・北河内地域の14市3町を重点地域にしています。


Leave a Comment

ガンバ大阪選手紹介——今野泰幸

今野泰幸は宮城県出身で、Jリーグのガンバ大阪に属するプロサッカー選手です。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック、サイドバック)で、日本代表でもあります。

プロ サッカー選手として、今野泰幸は前後にコンサドーレ札幌、FC東京、ガンバ大阪でプロキャリアを展開しました。2012年、「一段階も二段階も上がっていかなきゃいけない」とチャンスを掴んで、ガンバ大阪に移籍しました。ブラジルワールドカップ予選では、日本代表のワールドカップ出場に貢献しました。

2015天皇杯では、浦和レッズとの戦で、試合開始始めり、米倉恒貴が負傷し、右サイド バッグを務めることになり、天皇杯連覇を達成しました。

今野泰幸


Leave a Comment